« 横浜市教育委員会の自由社教科書採択についての抗議声明 | トップページ | 教科書・市民フォーラム連続講座☆ 「今さら聞けない近現代史」 »

2009年8月 9日 (日)

横浜市教育委員会による「新しい歴史教科書をつくる会」自由社版の歴史教科書の採択に抗議し、採択の撤回を要求する (声明)

                                       2009年 8月 10日

                                 教科書・市民フォーラム
                           代表世話人 高嶋 伸欣・柴田 健
                         〒222-0035 横浜市港北区鳥山町
                                    1096-4―103
                                   Fax:045-471-7270

 横浜市教育委員会は、さる8月4日、「新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)」編集の自由社版歴史教科書を市内18採択地区中8地区(港南・旭・金沢・港北・緑・青葉・都築・瀬谷、145校中71校)に採択した。私たちは生徒・現場教師や市民の声を無視したこの暴挙に対し怒りを込めて抗議し、採択の無効・撤回・やり直しを要求する。

 現在、「つくる会」の歴史教科書は、会の内紛により扶桑社版と自由社版の2種類が発行されているが、その内容はほぼ同一で、現在著作権をめぐって係争中である。このような問題を抱えている教科書を敢えて採択し、生徒に供するのは、教育行政として無責任極まりない。
しかも、これら「つくる会」の歴史教科書は、国民主権の憲法下で天皇中心の歴史像を強調し、日本の植民地支配や侵略戦争の本質から目をそらして正当化・美化し、生徒たちに保障されるべき基本的人権や恒久平和主義、国民主権を軽視して軍事力を重視している。また、現実追認型で、声をあげて意見表明する姿勢が育たない「物言わぬ市民」を育成しようとするものである。

 8月4日に開催された教育委員会では、「調査結果を重視する」との声が教育委員からあがりながらも、それらが無視されて、決められていった。さらに、今回の採決では、「横浜市教科書採択基本方針」に新たに全面改訂された教育基本法の趣旨に合致していることを加筆したにもかかわらず、自由社版以外の歴史教科書については、4年前の旧基本方針下での調査資料を流用して審議するという、不公平かつ不公正な手順で進められた。これは明らかに採択手続きの規定に反し、違法である。
 また、今回の採決は無記名投票で行われた。横浜市の教科書審議・採択は、従来から公開で行われ、なんら支障はなかったはずである。にもかかわらず、あえて無記名投票に持ち込むことは、公職である教育委員の責任を不明確にし、情報公開、「開かれた採択」に逆行する行為である。
 このようなやり方は生徒が使う教科書の決め方としてふさわしくない。横浜市はコンプライアンス(法令遵守)を重視する。この教育委員会の決め方は、それに違反したとして是正されなければ、市民に対する重大な信用失墜行為である。直ちに是正されなければならないし、今田教育委員長はその職を続けるべきではない。

 また今田教育委員長は自由社版教科書について、「日露戦争の記述では愛情を持った表現が多かった」と発言したと報じられている。このような意味不明な、また一方的な見解が教科書採択の主な要因にされた点は、見過ごせない。日露戦争の「勝利」は一時的にアジアの人々に希望を与えたものの、その後の「脱亜入欧」的政策が、多くのアジアの人々に裏切りと見なされ、怒りと失望を覚えさせた史実を忘れている。この史実が他社の教科書には明記されている。とても教科書採択に権限を持つ人物の発言とは思えず、この教育委員長と自由社版教科書がアジアを蔑視し、アジアの人々の懸念を無視する共通性を持つことが見えてくる。国連ピースメッセンジャー都市であり、多くの民族が共生している横浜市においてこのような暴挙が行われたことは、これまでの市民の努力を踏みにじり、そして共生を妨げる恐るべき人権侵害にもつながることに気づくべき
である。何よりも生徒たちの教育の場にこのような教科書を無理やり持ち込もうとすることに怒りを禁じえない。

 さらに自由社版教科書は、扶桑社版から急いで起こしたような製版で、これまでの間違いに加えて、新たな不適切な内容や誤字誤植がまだまだ多数ある「似せブランド品」ともいうべき欠陥商品である。これで検定を合格させた文部科学省の責任にも重大なものがある。
 とりわけ、扶桑社版の沖縄戦記述「4月、アメリカ軍は沖縄本島に上陸し」に続けて、自由社版では「ついに陸上の戦いも日本国土に及んだ」と加筆し、それがそのまま検定で認められたのは、重大な事実誤認記述であり、看過できない。第1に、国土での陸上戦は、同年2月に始まった硫黄島(東京都小笠原諸島)の地上戦が最初であり、沖縄戦ではない。第2に、沖縄の地上戦は、本島上陸以前の3月26日に慶良間諸島への米軍上陸から始まっている。しかも、慶良間諸島では、この時「集団自決」事件が起きた。この「集団自決」に対する日本軍の強制を否定した2006年度高校「日本史」教科書検定に対し、沖縄県民を中心とする厳しい抗議を受けて、07年12月に文部科学省は、記述の再修正を認めた経緯がある。この「集団自決」の存在そのものを無視した記述を、07年次と同じ顔ぶれの検定官および検定審議会委員たちが誰一人として気づかずにいたとは、考えられない。「集団自決」そのものだけではなく、07年の沖縄県民の抗議等も存在しなかったかの如く、中学生に学習させようとしている点で、自由社版教科書は最悪のものである。同書を採択したことは、沖縄の人々に対する重大な背信行為である。
 このように、自由社の教科書では中学生の段階で、沖縄戦について誤った学習をさせられることになる。神奈川県では、高校の修学旅行で、沖縄に行き平和学習を実施している学校が多いことが知られている。中学段階でも、沖縄戦の史実を正しく学習できるようにしておくことは、教育委員会の責務であるはずだ。

 かつてこの横浜で提訴した高嶋(横浜)教科書訴訟を担ってきたわれわれとしては、以前から指摘してきた文部科学省の恣意的な教科書検定の問題点を目の当たりにして、このような杜撰な教科書検定なら不要であるとの指摘も改めてしておきたい。しかも、そうした誤りを指摘されていながら「検定に合格している」として、それらを一切不問とした8月4日の横浜市教育委員会審議は、容認できない。
 その文部科学省でさえ、「21世紀の教科書は思考力育成を重視して、すぐ答えや結論のみつかるものにしないこと」と通知しているが、教育委員会では「自由社版は問いの答えがすぐ書いてあって、予習・復習に適している」というレベルの低い議論に終始したことも問題である。

 また今回の採択には疑惑の声を聞く。横浜市教育委員会の今田忠彦委員長と藤岡信勝「つくる会」会長が何回も会い、自由社採択の内諾を得ているという情報が事前に流れ、教育委員会にも知らされていたという。このような疑惑が生じる教育委員長が教育行政のトップに君臨していることは、現場教師や市民無視の「教育改革」を進める横浜市の問題点を如実に示している。また教科書執筆者と採択者が接触することは独占禁止法に違反し、文部科学省の指導にも反している。 今回の採択は不公正・不正な犯罪的行為といえる。またやはり市民および現場教師等の声を聞かずにトップダウン型で横浜の教育をかき回してきた中田宏横浜市長の任命責任も当然問われるべきである。

 生徒たちの教育に責任を負う教育委員会が、政治的で乱暴なやり方で「つくる会」教科書自由社版を採択したことは、大人として極めて恥ずべき行為である。私たちはこの暴挙に対し、断固として抗議するとともに、採択の無効・撤回・やり直しを要求するものである。               以上

|

« 横浜市教育委員会の自由社教科書採択についての抗議声明 | トップページ | 教科書・市民フォーラム連続講座☆ 「今さら聞けない近現代史」 »

コメント

sun 日本の勝利 

 日本は大東亜戦争に勝っていた」という本を出版しました川本山水と申します。 日本の勝利とは大局的に勝っていたことです。戦闘に負けたことは小事です。ところで「へんまもチャンネル」さんが今年の8月15日に靖国神社の前で「大東亜戦争はアジア解放の戦争であった」のアンケートを取りました。すると78%の人が「はい」に丸を付けました。

                    はい  どちらともいえない  いいえ (%)
大東亜戦争はアジア解放の戦争であった   78      16       6
大東亜戦争は目的達成の観点から考える   52      37       11        と勝利していた  

またへんまもCH様ではこの本の宣伝用の動画を作っていましたので、お送りしたいと思います。

 http://youtu.be/yL9c6sEErZg

 またへんまもチャンネル様ではこの「日本がこの戦争に勝っていた」の動画を作っています。このURL で見れない方は You Tube で「へんまも」と打ち込んで下さい。そしてクリックすると、最初に右側に 赤い丸の画面が出てきます。その赤い丸の中には「へんまもチャンネル」と書いてあるだけですが、かまわずに、ここをもう一度クリックしてください。するとこの本の動画が見れます。

 私は幸運にも「日本は植民地解放戦争をして、大局的に勝っていた」という歴史の真実を知ることが出来ました。また支那事変すなわち中国の言う日中戦争は、中国共産党が陰謀によって日本軍を中国大陸へ誘い込んで引き起こした「侵略呼び込み戦争」でした。さらに日本だけが侵略主義国家だと言われている理由は欧米の一等国呼ばれた国々及び中国が残虐非道な侵略主義国家であったのにたいして日本が植民地解放戦争をした、あまりにも良いことをした国だった、ためです。 
 
 アメリカが日米を開戦させたことや、英米はソ連に負けていたことなどはヴェノナ文書の開示によって今や世界で少しずつ人々に知られるところとなりましたが、まだ上記3つの案件が真実であることは、戦後日本が諸外国のプロパガンダ工作のために悪い国とされてきたせいで、ほとんどの日本人が認識出来ません。その上、何しろ村山談話を歴代政府が踏襲しているという事態もあります。                                                                                      「日本が勝っていた」ことについてはこれが真実の歴史であると思います。この見解に反対する方は新たな「戦争勝利の定義」を構築して反論するべきであると考えています。とはいえ戦闘には負けている訳わけですから、この見解をご理解頂くためにはまだ長い時間がかかるのかも知れません。
 

                   
 このメールはこの本の宣伝のためにお送りしておりますが、それは同時に多くの日本の方々に「真実の歴史」を知って頂く手助けをさせてもらう、ことでもあると思っています。多くの日本人がアメリカの前期GHQやソ連、中国それに反日左翼の強力なプロパガンダ工作のために、虚偽の歴史認識をさせられ続けて生きています。特にご老人になられた方々の中には司馬遼太郎氏のように、ヴェノナ文書を知らずに間違った歴史観を持ったまま亡くなられている方もいます。この様な悲劇はなくすべきだと思います。

 「日本が勝っていた」ことを今直ぐ信じてもらえなくても「日本が大東亜戦争に勝っていたと言う考え方がある」と知って頂くだけでも、ご満足、ご安心されるのではないでしょうか。また私はこの考え方に賛成された方から、多くのメールを頂いております。                                                              
 今こそ日本人が正しい歴史認識を持たなければ、日本及びアジアの明日はないと思っております。また現在日本は中国人による人民流入浸透侵入作戦による脅威晒されています。中国からの移民を阻止するための対抗策を早急に取る必要があると思います。この本の要旨は以下のようになります。これが正しい日本の歴史です。本書にはその理由が説明してあります。       
   
                                                     
1.定義を使えば財務省が増税するために発表する日本の借金1000兆円は、正しい見方である日本国民の資産の政府への貸付金1000兆円になる。これと同様に第2次世界大戦で勝ったのは日本一国のみであり、アメリカとソ連も負けていたことは戦争勝利の、定義を検証することで証明された。イギリスとアメリカが負けていたことは本書を読んで頂くだけで十分お分かりになると思います。                                             問題はソ連ですが端的に言えば人民を5000万人も殺してしまうような国は国民国家ではなく、負けた方が良かった国であり最初から戦争する資格のない国であったのです。従ってアジアひいては世界中の植民地を解放して、戦争目的を達成した日本が大東亜戦争に勝ったことは間違いないことです。 
  
2.世界から特に日本だけが侵略主義国家だと言われている理由は何か。一つは欧米の一等国呼ばれた国々及び中国が残虐非道な殺戮と搾取するのみの侵略主義国家であったのに対して、日本がアジア及び世界のために植民地解放戦争を決行したことである。もう一つは世界中から植民地と言われているが、実は野蛮から「解放の天国」した台湾朝鮮満洲の人々を、豊かに暮らせるように文明国にした。この2つの良いことをしたためである。                                                                  もちろん欧米中ソの強烈なプロパガンダ工作や今でも続く「失望した」などと言いわれるアメリカの圧力のせいでもあるが、実はこれが根本にある原因です。この信じがたい逆転劇がなぜ今も上演され続けられているのかについては、本書に良く分かるように説明されています。
                                             

3.日本が軍国主義国家と言われている心情的な理由は、有史以来初めて日本という「良い国の良い人達が良い植民地解放戦争」を行ったためである。このとき日本人が必ず言うことは「そんなに日本だけが良い国であるはずはないだろう」です。ところが真実は悪虐無残な行為をした諸外国に比べて日本があまりにも良いことをした国だったために、侵略主義国家と言われるようになったのです。 
   
4. 支那事変発生の本源的理由はソ連とその配下の中国共産党が世界を共産主義化するためだった。従って加害者は中国であり、日本は被害者である。特亜3国と反日左翼は日本に今も謝罪と賠償を要求しているが謝罪と賠償を特亜3国から獲得しなければならないのは、実は日本の方である。

5.戦後70年、欧米中ソからの強烈な洗脳工作によって偽りの歴史認識をさせられて、生き続けてきた日本人は歴代総理を初め、更なる策謀によって死ぬまで真実の歴史を知ることが出来なくなった。そのため日本人は贖罪意識と負い目を植え付けられて、何時までも謝罪と賠償を行っている。  

6.日本のアジア解放戦争を侵略だと言い、中国の悪逆非道な侵略戦争を解放だとする2つの正反対の嘘を言って、日本を中国に売ろうとしたのが村山談話である。政府は米国のくびき絶って南京大虐殺や慰安婦強制連行もなかったと言えるように成るべきだ。自縄自縛を断つ時である。
7.F・ルーズベルト大統領が行った日米開戦と米国政府中枢部内の巨大なソ連スパイ網の暗躍

8.中国人が平然かつ当然のように、執拗に日本を軍国主義国家だ、侵略主義国家だ、植民地主義国家だと嘘を言ってくるはそういわざるを得ない切実な理由と、言える訳があるのだ。       
9.韓国人は日本がこんな悪いことをした、と言って攻撃してくるが、それは嘘で実は日本に文明国化され豊かな生活ができるようにしてもらったので、嫉妬と恨みのために攻めて来るのである。
10.韓国人が日本を極端に妬み恨むに至る深層心理の分析と、その行為がもたらす悲惨な結果
 
11. 韓国人が日本人を執念深く執拗に攻撃してくるのは捏造されたファンタジー歴史観によって、偽りのアイデンティティーの確立は計ろうとする、韓国人の援護射撃を日本人にさせるためである。反日活動を通じて日本人を徹底的に貶めてしまえば、彼らのアイデンティティーの確立は成るのだ。
12. 精神分析で分かる韓国人の偽りのアイデンティティー作られ方と、その正しい確立の仕方 

13. 中韓両国の経済が上手く運営されないのは資本主義存立の基盤が成立していないためである。
14. なぜ朝鮮民族と台湾民族それに大和民族が世界で最も偉大な民族と言えるのか。
15. 第2次世界大戦では台湾朝鮮日本の皇軍兵士のみが、意義と栄光ある死に場所を得た。
16. 禅哲学理論で論破されたマルクス経済学と幻想の共産主義思想 


 「日本は世界史上最も誇らしい実績を挙げた国です。従って村山元首相はじめ歴代内閣は日本が侵略主義国家だと言わされているのです」これが本書の結論です。また上記の文章をご覧になればお分かりになりますように、要するに日本人は戦後、諸外国のプロパガンダ工作によって、思考の方向と形態を捻じ曲げられてきたのです。 この本には主に、上記項目の発生原因の追究の過程と、その真の原因は何かについて書かれています。 従って本書は日本に関する諸問題の真相究明の説明箱といえます。                                                                                                                     共産主義思想については文明の本源にまでさかのぼって根本的に批判しています。禅哲学理論にも合致する、文明とは「力の落差」であるとの理論によって、マルクス思想を論破できたと思います。この本によって大東亜戦争に負けたと思っている多くの日本人に、自信と誇りを取り戻して頂けるのではないかと思っています。
 
 この本の値段は900円プラス税です。この本を読んで頂き日本のためになる本だと思われましたら、ぜひお知り合いの方々にもお勧めください。この本は書店やブックサービスないしアマゾンで注文してお求め頂けます。出版社は東京図書出版です。よろしくお願いします。

 このEメールは本の広告ですが、皆様方がお喜びになられることも、お伝えしているつもりです。もし送って欲しいと思われる団体や自治体、特に遺族会、戦友会などのEメールアドレスをご存知のお方はEメールでお知らせください。このメセージをお送りしたいと思います。またお知り合いの方に、この本のことをお知らせ頂ければ幸いです。

 なお本を書くのは大変で通常は儲からないのに、何故そんな馬鹿げたことをするのかと、聞かれたことがありましたが、日本全体が左側に傾きすぎているせいで、最近の中韓両国の度を越えた横暴に対しても、まともに対処できないことを悲憤慷慨してのことであります。    
              
 かくの如き神州衰亡の兆し座して正視するに耐えず、頭蓋骨骨折が苦闘あえて恐れず憂国烈士の激情赴くところ、魑魅魍魎阿鼻叫喚が世界に只管没入を決意した次第です。と申しましても、私のスタンスは中道と思っています。また英霊の方々の万分の一の努力をしたわけではありません。この本の、ご感想、ご意見などがございましたら遠慮なく、お尋ねください。  

 敬具 川本山水  Email: mknet@mua.biglobe.ne.jp  E-mail: kasansui@excite.co.jp
252-0226 相模原市中央区陽光台1-9-4 Tel: 042-759-1064              
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追伸:
                                               テレビ番組「そこまで言って委員会」である保守系の方が「日本は植民地にしたのではない、そこで良いことをした」と言ったのに対して、ある共産党員が「ではなぜ韓国人はこんなに深く日本を恨むのですか」と聞きました。誰も答えられなかったようですがその最も正しい答えの一つは「日本が韓国を文明国化して豊かな生活ができるようにした」からなのです。答えの方向が逆だから窮するのです。相手は嫉妬深く良いことをしても、恨む韓国人です。こんな状態が罷り通っているのです。


 O韓論やX韓論が書店にあふれているようですが、これらの本の韓国論と「日本は大東亜戦争に勝っていた」の一部分である韓国論は、根本的に違います。この本の韓国論では、韓国人が日本を極端に妬み恨むに至る深層心理の分析を行っています。自らの国の歴史に確固たるアイデンティティーを求めることが出来ない韓国人はファンタジー歴史観を捏造していますが、本書では、特にその虚構の歴史観によって偽りのアイデンティティーの確立を求める過程における、精神分析を行っています。  
                                                                                         従って、本書の韓国論では1)どうして日本人を1000年も恨むとまで恥じ入ることもなく、しかも臆面もなく平気で言えるのか。2)なぜ資本主義が成立するための社会組織における基礎基盤をいつまで経っても成立させることが出来ないのか。3)なぜセウォル号の沈没事故では死ぬ必要のない多くの高校生が死ななければならなかったのか。4)朴大統領や韓国人がなぜあのように国際社会の常識を逸脱した奇妙で呆れはてた行動を取ってしまうのか。5)なぜ彼らが将来の利益を無視した非合理で最終的には自国に不利な近視眼的な行動を取ってしまうのか。 6)彼らは慰安婦問題にたいして朝日新聞謝罪の後も、なぜあれ程執念深く徹底的に日本政府の謝罪と賠償金を、要求し続けなければならないのか。7)世界で最も自国の歴史を無視して最も歴史と向き合わない国の大統領が、なぜ日本に対して「歴史と向き合わない国に未来はない」と言うのか。8)なぜ、今中国と同盟関係を結ぶと言う大きな判断ミスをするのか。9)日本人が謙虚に振舞うと、なぜ彼らは猛り狂い、図に乗って傲慢になるのか。10)朝鮮戦争では北朝鮮と中国に戦争を仕掛けられ大勢の人を殺され大被害を受けた。しかし両国を恨ます憎悪もせず、返って文明国にして貰って、豊かな暮らしをもたらしてくれた日本を、なぜ敵として妬み恨んで、滅ぼそうとしているのか。これらの本当の理由が分かります。                                       

                             
 韓国を訪問した中国の習近平国家主席は2014年7月4日ソウル大学で講演し「日本のファシスト軍国主義者は中韓に対する野蛮な侵略戦争をしかけ、朝鮮半島を併合し中国の半分を占領した」と述べさらに、日本から歴史的に被害を受けたという共通体験を強調し、韓国に共闘を呼びかけた。彼は嘘をついています。中国人は嘘を本当にする技術を持っているのです。支那事変は中国共産党中央が引き起こした戦争だったのです。そもそもこのようなことを言われ読けているのは日本人に「日本は大東亜戦争に勝っていた」こと及び「日本は侵略主義国家ではない」という自覚がないためであると思われます。
  
 日本は中国と韓国に対峙する時どうしても加害者意識を持ってしまい、歴史的真実ではない主張や言いがかりにも強く反撃できない。それは両国の虚偽の宣伝に日本人が洗脳されているからです。しかもその嘘が平然と真実であるかのようにまかり通っているのは普通の嘘ではなく、侵略者を被害者にして被害者を侵略にした、真逆の嘘だからである。本書ではどうしてそう成ってしまったのかも、論理的に究明しています。   以上                               
  

投稿: 川本山水 | 2014年9月 8日 (月) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜市教育委員会の自由社教科書採択についての抗議声明 | トップページ | 教科書・市民フォーラム連続講座☆ 「今さら聞けない近現代史」 »