« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »

2010年2月15日 (月)

<教科書配布裁判の判決は5月12日>

 2005年度の横浜市教委の採択で市内候補になった教科書だけを、研究用に全市立中学校に配布したのは、宣伝行為に等しく、行政として公平性を欠く公金支出行為であったとして、横浜市民33人が損害賠償請求住民訴訟を起こしています。これが、教科書配布裁判です。

 この教科書配布は、05年度採択で扶桑社を強く推した今田忠彦教育委員(現教育委員長。09年度採択で自由社支持の熱弁、無記名投票実施)が提案し、全種類配布を求める市民の声を無視して、実施されたものです。
 この時の採択候補には、扶桑社が初めて入り、いっぽう当時市内半数以上の生徒が使用していた日書は候補外になりました。
 したがってこの配布の背景には、今田氏らによる、ライバル教科書を除外した上で「つくる会」教科書を学校現場に設置する意図が推測され、09年度の自由社採択へ至る地ならしの意味もあったといえます。

<2月10日の教科書配布裁判の報告と、判決日のお知らせです>

 配布裁判は、2月10日の法廷で判決が予定されていましたが、1月8日に裁判所から急な連絡があり、裁判長の異動のため、2月10日の法廷は判決ではなく、新裁判長のもとで再結審を行うと通告がありました。
この判決日延期の連絡が行き渡らず、申し訳ありません。

 というわけで、昨日は再度の結審でした。原告住民側代理人の小池拓也弁護士が、佐村新裁判長にこの裁判の意義について口頭陳述を行い、判決は5月12日(水)午後1時15分から、横浜地裁502号法廷で行われることになりました。

 代理人によると、裁判長が交代しても判決内容に変更がなければ、予定していた判決日に新裁判長が代読すれば済みます。しかし、判決日を変更するということは、まだ判決内容が確定していなかったとか、裁判長交代で判決内容が変わるとかを意味するそうです。しかも5月12日にというのは、目一杯先延ばしにしたものと思われます。
 したがって判決がどこまで本論に踏み込むかは、全く予想がつかなくなりました。

<教科書配布裁判 判決日予定>
傍聴にご参加ください。

日時 2010年5月12日(水) 午後1時15分開廷

場所 横浜地裁502号法廷

集合 12時45分 地裁1階ロビー

判決集会 閉廷後、集会会場で記者会見後、判決集会を行います。  会場未定
     

| | コメント (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »